• 人々が一番隠したがる「秘密」
    • [ここ] 調査で判明!人々が一番隠したがる「秘密」は何?

      みんなが隠している秘密の数は平均的にいくつで、どういった類のものが多いの?

      コロンビア大学ビジネススクールが最近行った調査「The Experience of Secrecy(秘密に関わる体験)」では、5000人を超える参加者がアンケートに回答。そのアンケートを集計したところ、1人につき、同時に並行して持つ秘密の数の平均は"13個"という結果が。さらに秘密に関する10件のさまざまな調査から1万3,000件の秘密の種類を分析し、もっとも多い秘密のタイプを抽出したそう。

      以下が、回答者たちが「これまで誰にも明かしたことのない」秘密トップ5。

      1.浮気の妄想(パートナーはいるけれど、別の相手と浮気をしたいと思った)

      2.性的嗜好・性行動(ポルノ、性的妄想、マスターベーション、異常な性癖など。異性愛などの性的「指向」は含まず)

      3.虚言(誰かに嘘をついた)

      4.恋愛の妄想(パートナーはおらず、片思いの相手や好きな人との恋愛を妄想した)

      5.信頼喪失(誰かについて詮索した、噂を広めた、誰かの所有物を黙って壊すか失くしたなど、人の信頼を損なう行為をした)
    • 引用以上

      そもそも、アンケートかなんかで、「私の秘密は、これです」と、堂々と応えている時点で秘密っぽくない気がします。

      そして、それを踏まえて、上記のトップ5ですが、妄想で良いならば、私も答えられますね。

      以下、これは、私が余り深く知られたくない秘密(妄想含む)です。
      5位から紹介です。

      5. 失敗経験
       失敗そのものは、教訓となり有益ですが、恥ずかしいということと、信用をなくすと言う事から、余り知られたくない。

      4. 性的嗜好・性行動・恋愛の妄想
       人である以前に動物である異常、誰もがもちうる行動とは思うが、秘密とか以前に、知りたいとも、知らせたいとも思えない。
       ただ、唯一の例外があり、恋愛対象だったら、多少は、裏の姿を見たい気がする。

       例えば、浦野夏樹が、夜どんな風にして寝ているかとかは、非常に興味がある。
       妄想ですが。

      3. 宗教観、支持政党、政権など
       似ていないようで、「何を正しいと判断しているか」と言う点では似ている。
       仲間内で、同じ意見だったり、共感できたりしていたら問題ないが、対立したときは、互いに自分が正しいと考えているものが、相手に否定されるので、かなりやばい事になる。
       だから、あまり深く知られたくない。

       例えば、オウム真理教を信じ込んでいる方が居たとして、その人がすごい技術を持って重宝していたとしても、たった一つ、ヤバイ宗教に取りつかれているという点で、直ちに、まずいこととなるのである。
      オウム真理教のようにあからさまにヤバイ宗教ならば、直ぐにわかるが、そうとは思えなかった場合は極めて危険。

      2. 自分の好みとか、弱点とか。

       利用されると非常に不利である。
       例えば、縁談を持ちかけられて、浦野夏樹のような女性と引き合わせられたらば、私は一ころである。

       それで仲良くなるならば良い事だが、そうではなく、単に利用されるだけ、しかも、詐欺被害とかにあったら目も当てられない。

       だから、もし私の正確な好みとかを知っているならば、それはかなりのレアな存在なのである。

      1. 犯罪歴
       これについては、私にとっては全くの未知の領域だが、でも妄想で補えるとするならば、ダントツの筆頭である。
       例えば、何らかのミスで人を殺してしまったとき、または、火災発生させてしまったとき、あるいは、鉄道を脱線させてしまったとき、直ちに少なくとも懲役刑である。
       償って出所したとしても、もとの生活が成り立つとは到底思えず、当然、秘密を通す事と成るだろう。

       しかも、それが、真犯人が自分であるとは、未だ判明していないとき。

       そのときこそ、全力全開で、隠し通そうと努力すると思われる。

       それこそが、「人々が一番隠したがる「秘密」」ではなかろうか。

       幸いにして、私は、上記のような犯罪歴がないので、安心していられるが、しかし、冤罪とかも発生する状況では、決して他人事ではない。

      (掲載:2017年.文月.19日)

      何か書いてね
      何か:_
      名前:_

    <記事の一覧>  <トップページへ>   <K-Take.net> By. K_Take